2007年10月22日

定価超えでも大丈夫


ブログランキング画像←人気blogランキングにポチっとお願いします。
手数料と価格設定(アマゾンのヘルプ記事へのリンク)

マケプレで価格を決める時に
定価を超える場合はユーズド商品ではなく
コレクター商品に設定しないといけないという話が
チラッと出ていたのですが
確かにそうゆう風に書いてあります。

ユーズド商品
商品をユーズド商品(中古)として出品する場合は、当サイトの価格と同じか、それ以下に設定してください。
コレクター商品
コレクター商品として出品する場合は、当サイトの新品価格より高い価格を設定してください。

ただし、これらは基本的な事項であって
その記述がある場所のすぐ下に書いてあるように
アマゾンから在庫がなくなった場合は
価格を自由に設定できるようになってます。

Amazon.co.jp で参考価格や販売価格が表示されない場合
絶版になった本など、当サイトに価格が表示されないことがあります。その場合、自由に価格を設定することができます。

人気blogランキングにポチっとお願いします。

2006年11月13日

なんだこれ?


ブログランキング画像←人気blogランキングにポチっとお願いします。
楽天オークションなるものが発表された。

良く読んでないからまだ完全に把握してないけど
楽天フリマが新規出品できなくなってるのと
上の方に小さく「11/24まで」というのが書いてあるのを見ると
24日でフリマは完全廃止されるようだ。

それでも、オークションがそれなりに使えるのであればいいんだけど
かなり制度が微妙。

まず一番疑問に感じるのは
郵便サービスしか使えないこと
しかも、「ゆうパック」「書留ゆうパック」「ポスパケット」だけで
冊子小包や定形外が使えない上に
この3つから選択してもらうんじゃなくて
出品時にどれかひとつを選ばなくちゃいけない。

さらに、以下の一文を見てわかるように
この配送方法は絶対のようだ。

登録した配送方法と違う方法で発送した場合、出品者都合のキャンセルになりますのでご注意ください。

それだけでも許せないんだが
郵便とベッタリなくせに入金口座に「ぱるる」が無いっぽい。
なんだこれ?

あと、決済はすべて楽天経由になるみたいだけど
楽天から銀行口座に振り込みになる際に手数料が引かれる…

まあ、良い点を挙げるとしたら
今までと同じように出品手数料が必要ない。
当分は手数料が3.15%。
わざらわしいやりとりが少なそう。

それにしたって、郵便しか使えないのはメンドクサイ。

人気blogランキングにポチっとお願いします。

2006年06月21日

せどりの常識、非常識8


ブログランキング画像←人気blogランキングにポチっとお願いします。
保留のまま放置されてる商品があったので
値段を変えて再出品しようと思い
価格一覧を見ると自分の名前がある?

おかしいと思いよく調べてみると…

自動再出品の機能について
http://aws.typepad.com/marketplace_jp/2006/06/post_3.html

お取引が保留になった場合、「Amazonマーケットプレイス 取引は保留中です」のEメールが送信されます。このEメールをお受け取りいただいてから、72時間が経過しても、支払いの通知「出品商品が売れました。今すぐ発送してください」のEメールが届かない場合は、自動的に再出品されます。

便利w

人気blogランキングにポチっとお願いします。

2006年04月21日

せどりの常識、非常識7


ブログランキング画像←人気blogランキングにポチっとお願いします。
最近、マーケットプレイス掲示板に返品の内容が載っていたので
出品者側から考えた内容、要は返金と手数料についてです。

重要なお知らせ:Amazonマーケットプレイス キャンセルおよび返品について

返金するとそれに応じた手数料も戻ってきます。
が、計算がちょっとおかしくなってます。


例えば、10000円のDVDが売れたとすると
本体手数料は15%の1500円です。

もし、商品名を見間違えてた等の購入者側に手違いがあって
返品キャンセルとなった時に商品代金の10000円だけ返金したとすると
出品者に戻ってくる金額は9955円となり
手数料の1部(今回の場合は45円)が戻ってきません。

なぜそうなるかというと10000円に手数料がかかっていると説明しながら
返す時には出品者が払った送料込み金額
10340円に対して計算しているからです。
具体的に表すと…

10000(返金額)÷10340(支払額)=0.97(返金手数料率:四捨五入)
手数料1500×0.97=1455円となり45円は戻りません。


単純に返金すると出品者が損する仕組みになってます。
キッチリ全額返してもらおうと思う場合は
その辺のことをきちんと購入者に伝えて
商品代金から差し引くようにしたほうが良いでしょう。

ちなみに半年以上マケプレをやっている人は知っているでしょうが
送料にもおかしな個別手数料がかかっています。
国内での例
本:80円
CD、DVD、ソフト、ゲーム:140円
他:100円

これらは全額返金をしない限り戻ってきません。

この個別手数料の事をよく知らない人は
「アメリカにDVDを送るのは800円も送料もらえるからいいや」
とか思っていると、そのうちの400円も手数料に取られるので
結構な損をしちゃったりします。

人気blogランキングにポチっとお願いします。

2006年04月07日

せどりの常識、非常識6


ブログランキング画像←人気blogランキングにポチっとお願いします。
禁止事項について
というか、ちょっとした補足です。

「せどりの常識、非常識1」で
在庫を持たない、見込み出品は禁止事項です。と書きましたが
これはどのくらいまでの事を指すのか疑問があったんで聞いてみました。

在庫が手元にあるという事が重要なので
コメントで良く見る「他店と併売のため売り切れの場合は〜」というのは
出品時にはとりあえず在庫があるはずだろうからセーフらしいです。


そもそも規約ですとか禁止事項とかありますが
それらに当てはまるものも結構普通に見ることが多いので
アマゾンは本当にチェックしているのか疑問に思ったので
出品者には申し訳ないのですが
該当する商品や出品者を報告したらどうなるかやってみました。

やってみたのは出品ルールで対象となっている以下の3つ
異なる仕様のものを出品しない
DVDのところでビデオを出品している商品。

取引や購入者の勧誘禁止
ヤフオクへの誘導コメントがある商品。

遅延配送の禁止
発送がだいぶ先になるという旨を名前の欄に書いてある出品者。

報告して1週間たちましたが
どれも消えてませんでしたし特に変更も無いので
今のところはアマゾンは何もしない、ほぼ無法状態のようです。

まあ、参考程度にして下さいって事なんでしょうね。

人気blogランキングにポチっとお願いします。

2006年03月22日

せどりの常識、非常識5(注文管理、入金)


ブログランキング画像←人気blogランキングにポチっとお願いします。
順番が前後しましたが注文管理入金(Amazonペイメント)についてです。
多分、今までの中で一番どうでもいい内容になると思います。

「最近のマーケットプレイスの注文を見る」も読んで字のごとくです。
注文があった商品の詳細を見る事ができます。
「マーケットプレイスの注文をサーチする」も同上。
注文番号や商品名などから過去の注文を探し出す事ができます。

両方とも注文番号をクリックすると
購入者の情報の確認や返金処理を行う事ができます。

次は「Amazonペイメントアカウントと取引履歴を見る」の中の
ペイメントトランザクションを検索する」です。
ここでも「注文管理」と同様に過去に取引のあった注文をサーチできますが
ただ、決定的に違うのは処理中や保留中の購入者情報も確認できます。
出品するたびに保留になる商品があったり
高額商品でどうしても保留のまま終わりたくない商品がある場合は
ここで相手のメルアドを確認して連絡してみるのもありかもしれません。

「ペイメントアカウント一覧を見る」と
「ペイメントアカウントを変更する」は
説明するまでも無さそうなので割愛。

人気blogランキングにポチっとお願いします。

2006年03月21日

せどりの常識、非常識4(出品用アカウント)


ブログランキング画像←人気blogランキングにポチっとお願いします。
順番的には注文管理や入金(Amazonペイメント)なんですが
ちょっと確認できない事があるので
出品用アカウントに関してを先に書きます。

「Amazonマーケットプレイス保証クレームを見る」は読んで字のごとく
現在申請中、もしくは過去に申請されたマケプレ保証が見れます。

そもそも保証(クレーム)が申請されるのは以下の2つです。
商品が出品者による商品説明と著しく異なるものであった場合。
出品者から商品が届かなかった場合。

説明と著しく異なるものであった場合、基本的には返金か交換ですが
例えば、自分の責任ではなさそうな場合(配達事故など)は
マーケットプレイス保証の対象となるようです。
その際に商品が「著しく異なる」かどうかはアマゾンが判断するようです。
異なった場合は保証のされて、異ならない場合は放置ですw

参考までに、アマゾンの本の「良い」基準は以下のようになってます。
使用されていても、きれいな状態。ページやカバーは完全な状態で(カバーがついている場合はカバーも含む)、背表紙に多少の傷が見られる場合。ページに多少の書き込みやマーカーの印があるもの。「蔵書」の印が付いているもの。
結構、汚くてもOKです。

次に届かなかった場合です。
発送をし忘れたというのは論外ですが
発送をしたのに届かないという場合は、大抵は保証がきくようです。
ただ、配達業者と連絡は取っておかないといけません。

次に実際にAmazonマーケットプレイス保証に至るまでの手順です。
申請する前に、直接連絡をとることが前提となります。
クレームを提出するには、配送にかかる最大の日数は待ってもらいます。
(国内発送の場合は10日間、国外発送の場合は22日間)
相互に確認が取れた場合は
購入者にクレーム送信フォームに必要事項を記入してもらうか
アマゾンに直接電話してもらいます。

アマゾンの電話番号:0120-999-373
受付時間は月−金の9:00−18:00です。
保証に限らず、マケプレの質問や普通の買い物の質問も全部ここです。

申請されるとまもなくしてアマゾンから確認のメールが来ますので
5営業日以内に返信します。

返信しないと、せっかく保証申請したのに自分の所から
金額が引かれることになります。
その際にちょっとした質問事項があることが多いので
購入者のとの連絡内容ですとか
配達業者との連絡内容や配達伝票は残しておいた方が良いです。

次は「評価、フィードバックを見る」ですが、そのまんまです。
発送した時に送るメールに
http://www.amazon.co.jp/feedback
にアクセスすると該当注文の右に評価ボタンがあるので
商品が届いたら、評価してね。』
みたいな事を書いておけば、評価数も多少は増えると思います。

「Eメール配信をOFF、またはONにする」もそのまんまです。
レポートのダウンロードが可能になった時などにメールが来ます。
何かするたびにメールが来るのは面倒という人はOFFにして下さい。

「出品者設定を編集」ですが
こっちのほうが「Eメール配信のON、OFF」なんじゃないかと思いますw
出品時、出品終了時、規約署名時のメール配信ON、OFFの設定ができます。
ニックネームの変更やプロマーチャントの登録もここです。
アマゾンに電話した時にカードなどのアカウント情報を聞かれますが
その情報もここで確認できます。

「Eメール、アドレス帳、1-Clickなどの〜」
これは普通のアカウント設定と一緒です。

最後に「出品を一時休止する、再開する」です。
一時的に出品商品をサイトから削除して購入できないようにします。
「せどりの常識、非常識1」で書いたように
発送の2営業日以内は絶対なので
ある程度の期間、発送ができなくなる場合は
こちらを使って下さいとの事でした。

人気blogランキングにポチっとお願いします。

2006年03月18日

せどりの常識、非常識3(出品商品の管理)


ブログランキング画像←人気blogランキングにポチっとお願いします。
人気blogランキングへ


本日は出品用アカウントについてです。(プロマーチャント仕様)

マケプレ出品者は必ずここを見ると思いますが
使う項目は2〜3つで
意外と知らない機能とかもあったりするのではないでしょうか。
ということで…

まずは「出品商品の管理」から…

では「出品中/出品終了」から始めます。
ここでは出品中/出品終了のリストが見る事ができ
SKU、商品名、出品日(終了日)、数量、価格で並べ替えができます。

ここで便利なのはSKUをうまく利用すると
例えばコンディションごとに並べ替えたりする事ができるという事です。
SKUは数字とアルファベットが使えて、けた数制限がありません。
「ユーズド:良い」なら頭文字を3にするとかUYなどにすると
並べかえた時にわかりやすくて便利です。
けた数は無制限なので
なるべくけた数は多めにしておいた方が良いと思います。

次に「レポートの作成とダウンロード」
SKU整理くらいでしか使わない
もしくは使った事がない人がいるかもしれないですが
意外と重要です。

ブログを巡回している人は良くわかると思いますが
アマゾンはエラーが多いです。
しかも隠蔽体質なので、掲示板に載せませんし
余程の事がない限り自らエラーを認めません。
そんな時、役に立つ事があるのが「レポート」です。

これは私の例です。
複数出品していたのに1つ売れただけで出品終了したり
1つしか出品していないのに、数が減ってなかったりすることがありました。
それをアマゾンにクレームとして伝えると
アマゾンからは「そっちが数量間違えたんじゃねーの?」って感じで
取り合ってくれない雰囲気でしたが
違う理由で用心のために取っておいたレポートを見せ
○日には数量が○個として出ていると証明ができました。
アマゾンには過去の出品履歴は残ってません(と言っている)が
レポートを作っておけば
少なくともその時点のデータがアマゾンに残ります。

別にダウンロードまでしなくて良いので、何かあった時のために
月に1度くらいは「出品中の商品レポート」を作成しておきましょう。


次は「出品ファイルを今すぐアップロードする」(大口出品)です。
ほとんど「追加/変更/削除」しか使わないと思いますが
プロマーチャントに乗り換えたばかりの人とか
たまにSKUを作り直したいという人は「削除および置換」を使うと思います。
なんというかアマゾンは危機管理に対してちょっと甘いので
「追加/変更/削除」と「削除および置換」がすぐ隣同士になっていて
ちょっとした操作ミスによって
「削除および置換」になるんじゃないかと思うとちょっと怖いです。
その為に時折レポートを取ってました。

最後に「商品のアップロードを確認する」です。
履歴は古い順からどんどん消されていきます。
アマゾンには残るかと思ったんですが、残ってないそうです。
なので「レポート」で残しましょう。

時折エラーになりますが、エラーが出るのは
Product-id(ISBN等)を入力してない
Product-id-typeを入力してない
SKUを入力していない、もしくはかぶってる。
Item-conditionを入力していない、もしくは見当たらない
Priceを入力していない、もしくは受け入れられない

ちなみにWill-Ship-Internationallyは何も入力しないと
説明では「14」(海外全域に配送可)になるとありますが
私がやってみた結果は「11」(国内配送のみ配送可)になりました。
それとProduct-id-typeでISBNは2とのことですが1でも問題無いっぽいです。

Item-conditionには稀にコレクター商品がないのがあります。
新品にすると定価でないと出品できない商品があります。

人気blogランキングにポチっとお願いします。

2006年03月16日

せどりの常識、非常識2


ブログランキング画像←人気blogランキングにポチっとお願いします。
発送の際は相手の住所名前、自分の住所名前は記載しなくてはなりません。
つーか、いちいち書かなくても常識ですw
それと「Amazon.co.jp マーケットプレイスの注文商品」というのも
記載していなくてはいけません。

結構記載してない人が多いみたいで、一度購入者から
「記載している人は初めてだったので、わかりやすくて良かったです。」
と、わざわざメールいただいたこともありました。

また発送する際に
アマゾンから届くEメールのコピーか
取引内容を示すトランザクションのコピーを同封します。

まあ、納品書を同封しとけって事だと私は理解してます。

あと、忘れちゃいけないのが
商品を発送する際は、その旨と発送方法をメールで伝える事。
まあ、自分が買う立場になって考えれば
購入先からの連絡が無いなんてありえないですから
普通の人なら忘れる事なんて無いと思いますけど、一応。

人気blogランキングにポチっとお願いします。

2006年03月15日

せどりの常識、非常識1


ブログランキング画像←人気blogランキングにポチっとお願いします。
せどりをやっていて当たり前のようで
意外と知らなかったりする事があるみたなので
とりあえず、書いてみます。
知っている人にとっては「なんだ、そんな事」って感じの内容です。

まず、アマゾンからメールが届いたら2営業日以内に商品を送ります
2日じゃありません、2営業日です。
月曜に注文があったら火、水の2営業日で水曜日までに発送です。
金曜なら土日祝日は営業日に当たらないそうなので
月、火の2営業日で火曜日です。

そして誤解が多いのが以下の規約です。
ただし、出品されている商品のコメント欄に配送日や商品到着までの日数について記載のある場合は、到着までの日数が成約後30日を上限とする場合においてのみ、その限りではありません。
コメントに書いてあれば、発送を遅らせても良いように見えますが
アマゾンに聞いたところ、それは全くの間違いだそうです。

アマゾンに聞いた事を私なりに解釈してみると
アマゾンから自動で送られてくるメールには「お届け先が国外の場合、通常約12〜17営業日かかります。」と書かれているけど、コメントに「船便等を使っているのでもう少しかかるよ」と書いている場合は成約後30日までのギリギリいっぱいまでなら勘弁してやってね
という内容の文章で、あくまでも到着期間の事を指しており
発送の2営業日以内は絶対だそうです。

ちなみに同じところに書いてある規約で
在庫を持たない、見込み出品は禁止事項です。

在庫の確約ができない「直送せどり」をしたり
「発送日が遅れる」とか書いたのに
客に低い評価をつけられたと文句をブログで書いている人がいますが
それは全くのお門違いで、自業自得です。
私もその手法をやってない事はないですが、それなりの覚悟はしてます。

人気blogランキングにポチっとお願いします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。