2008年04月07日

めざせ開業!せどりで開業の道その2


ブログランキング画像←人気blogランキングにポチっとお願いします。
次は開業届けに関しての話です。

まず開業といっても
法人格にはしない方がいいと思います。
費用もかかるし、面倒な事が多いです。
消費税を気にするくらいになったら
改めて考えてみてください。

なので、個人事業として開業する事になるんですが
個人事業を起こすときは
税務署に開業届けを出してください。

以下のページに書類がありますので
それを印刷して自分で記入してください。

個人事業の開廃業等届出手続

記入例です。

クリックすると拡大します。
開業届

いっぱい書くところがありますが
実際に書くところは少なくて
提出先の税務署の名前と提出日を書く。
納税地に自分の住所を書いて住所地に○
名前と生年月日と開始する職業と屋号を書く。
届出区分に開業に○をして住所と名前を書く。
開廃業日に開業した日付を書く。
事業の概要に事業内容を書く。
そして重要なのは
「開廃業に伴う届出書の提出の有無」で
「青色申告承認申請書」の欄の有に○をする事です。

まず、簡単なほうから説明しておきます。
事業の内容を書かないといけないんですが
職業名自体が説明みたいなものなので
ちょっとだけ悩むんじゃないかと思います。
そんな時は職業を回りくどく書くw
なので「中古商品の売買とそれに付随する業務」で
大丈夫なはずです。

で、最後に最も重要なのは
「青色申告承認申込書」に関してです。
つか、ぶっちゃっけこの開業届けなんて
どうでもいい書類です。

税務署でも扱いは雑で
基本的には開業してから1ヶ月以内に提出となってますが
開業してから半年後や1年後に提出しても
特に何も言われないと思います。
というか、提出しなくてもたぶん問題が起きない
本当に自己満足なだけの書類です。

開業で本当に重要な書類は「青色申告承認申込書」で
これを提出するつもりがないなら
別に開業する必要はないんじゃないかというくらい。

次回はその話→めざせ開業!せどりで開業の道その3



人気blogランキングにポチっとお願いします。

posted by A5 at 16:30 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
参考になります♪
1つ質問があるのですがよろしいでしょうか?

たまにですが、購入者さんが「領収書」を発行して欲しいと言われるんですが、自分はまだ開業届け等をしていない、ただの個人販売?なのですが、そういう人も領収書発行などしていいんでしょうか?教えてくださいm(__)m
Posted by 小規模せどらー at 2008年04月07日 18:30
元々ここで発行する領収書に意味はないです。

なので、個人事業の人が発行したとしても
それはただの明細書に過ぎません。
結局のところお客さんの自己満足ですので
発行してあげれば良いと思います。

ちなみにそうゆう請求が来ないように
発送の際に送るメールに添付する
文章の書き方の記事がありますので
今後の参考にしてみて下さい。

右サイドバーの上部にある
「領収書を請求されにくくする文面」というリンクです。
Posted by A5 at 2008年04月07日 18:48
参考になりました、ありがとうございます♪あの文面これから利用してもいいでしょうか?(^_^;)

Posted by 小規模せどらー at 2008年04月07日 20:14
全然かまいませんが
ちょっと淡泊な文なので
少し直した方がいいかもしれませんよ。
Posted by A5 at 2008年04月07日 21:55
わかりました♪自分なりに多少アレンジしてみます(*^_^*)ありがとうございました。
Posted by 小規模せどらー at 2008年04月07日 22:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92344468
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。