2008年09月15日

せどりに向いてる人


ブログランキング画像←人気blogランキングにポチっとお願いします。
サイゼリヤがすげーw - teruyastarはかく語りき

成功してる企業の考え方は
色々と役に立つ事が多いんだけど
最後の最後の一文
これが一番重要なのかもしれない。

「努力や根性で頑張ろうではなく、楽をしよう」

副業でせどりする事に向いてる人を考えた時にも
努力をしなくてもプラスになる人が一番向いてる。

例えばの話
給料を100万円もらっていたとする
そのうち半分を本などの趣味に消費したとすると
自分に残るのは50万円。

その趣味をせどりの仕入れという事にすると
実質消費した金額は無し。
この時点で50万円も得してる。
もし、仕入れ価格以上の値で売れたりしたら
さらにそこからプラス。
在庫から利益が30万円でたとすると
最初から比べて80万円の得。

利益ためにせどりを始めた人は
50万円仕入れたとすると
その時点でまずマイナス50万円というのが発生してる。
趣味の人と違ってその目の前にあるのは
本人にとって何も生まないないモノ。
売れた時にはじめて価値が出る。
そこから30万円の利益が出たとしても
50万円のマイナスから始まって、30万円のプラス。
そこまではとても不安で辛い道のりだったはず。

だから趣味からせどりをはじめた人は
開始時点でプラス部分が多いので
辛い部分が少なく楽なのだが
利益を求めてせどりに入った人は
開始時点では仕入れというマイナスがあるので
楽ではない。

そういった意味で趣味をせどりに変える事の出来る人は
副業としてのせどりに向いてると思う。

人気blogランキングにポチっとお願いします。

posted by A5 at 10:49 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんにちは。

私は元手1万円でセドリを始めました。
全くの趣味で始めたので、売れる本よりも好きな本を仕入れ、
それを読んでから売りに出しました。

BOのアナウンスではないけれど「好きな本を仕入れて読んでまた売る」
こんな楽しい遊びは他に知りません。
自分にぴったりの楽しみ方です。

100冊から始めて、売り上げを全て仕入れに回した結果、千冊に膨らみましたよ。
Posted by みね at 2008年09月15日 15:08
自分の伝えたいことを理路整然と代弁して頂いたようで嬉しいです。

在庫が負である感覚が無いので全く負担になりません。
コミックや絵本、手芸やお料理の本、そしてゲームをマケプレで売っていらっしゃる方の中にはそういう方がたくさんいると思います。
A5さんもゲーム比率が高そう、、。そこの部分は趣味と実益を兼ねてらっしゃるのかな?
Posted by ちったん at 2008年09月15日 18:04
■みねさん

好きなものを買って
それが利益につながって
さらに好きなものを買うという循環は
商売という以前に
遊びみたいなものですよね。

1万円の100冊から
いまでは1000冊となったとは
現代のわらしべ長者ですね。

■ちったんさん

基本的には在庫は負になって
重圧に感じる部分が大きいと思うんですけど
それ自体が趣味のものだと
売れれば売れたで嬉しいし
あればあったでホッとするので
マイナス要素がかなり減りますよね。

ゲームもありますし
本やCDやDVDもあります。
いままでは単なる趣味だったので
たまに買うのを躊躇してましたが
いまでは良くも悪くも躊躇しなくなりましたw

いま、保管場所がヤバイです‥
Posted by A5 at 2008年09月15日 18:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。